ちょっと温泉に行ってみますか

アクセスカウンタ

zoom RSS 和歌山 本町温泉ほか

<<   作成日時 : 2012/08/09 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

関西地方は暑い日が続いています
ということで今日はお休みをいただき、和歌山の温泉に行ってきましたので、岡山・鳥取の報告の途中ですが先に報告させていただきます。

今日休む予定だったので、昨日は少し飲み過ぎてブログの更新をさぼってしましました
そのため二日酔い気味でしたが、スルッとKANSAI3Days(関西の私鉄、バスが3日間乗り放題で5,000円のきっぷ)を購入して和歌山市にある花山温泉をめざしました。

明石から山陽電車に乗り、難波で南海電車に乗り換え和歌山市駅まで
そこから、バスでJR和歌山駅に行き、さらに別のバスを乗り継いで約4時間
ようやく花山温泉に到着したんですが、なんと定休日

画像

平日のみ無料の温泉手形を持っているので、何年振りかに行ってみたんですが・・・
昨日飲み過ぎて、よく調べていなかったので仕方がありません。

気を取り直して、いつも通り過ぎるだけの和歌山城に立ち寄ることにしました。

和歌山城は、御三家の一つ紀州藩の居城
城の建つ山が海から見ると猛虎が伏しているように見えることから、虎伏城や伏虎城とも呼ばれていたそうです。
城内には、ちょっと太り気味の虎の像がありました。(遠くからですとイノシシかなと思いましたが、ハハッ

画像

立派な石垣の通路

画像

山の頂上にある天守は和歌山大空襲で焼失し、昭和33年に再建されたもの

画像

最初の通路の石垣と違い、城の基礎には平らな石や小さな石が使われていました。

画像

ひと汗かきましたので、もう一つの目的地 本町温泉夢想乃湯に立ち寄り
こちらは2回目の訪問になりますが、街中にあるので、いつも賑わっている温泉です。
(そのため、今回も湯船の写真はとれませんでした

画像

成分量は27.15gと花山温泉の18.185gよりも多いんですが、析出物が多くエグみのある花山温泉ほどの強烈な個性は感じられません。
しかし、同系列の黄褐色の土類系、強い塩味のある湯は存在感があります

画像

今日は熱交換器が故障しているということで、受付の女性は恐縮していましたが、35℃の源泉が非加熱で湯船に注がれており、暑さに参っている身体にはありがたかったし、他のお客さんにも好評でした

画像

機械の故障が治れば、元の加熱した湯に戻ると思いますが、ご興味のある方は早めに行くと非加熱の源泉を味わえるかも知れませんよ

1 訪問日 平成24年8月9日
2 料 金 420円(まっとうな温泉の手形利用で無料でした。)
3 泉 質 含二酸化炭素・鉄−ナトリウム・マグネシウム−塩化物強塩泉
4 満足度 ★★★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和歌山 本町温泉ほか ちょっと温泉に行ってみますか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる