岩手 湯本温泉 一休館ほか

沢内バーデンの次は、湯本温泉の旅館一休館に立ち寄りました。
この辺りには大きな旅館などはなく、こじんまりとした温泉街になっています。

30 11 岩手 湯本温泉 一休館 1
30 11 岩手 湯本温泉 一休館 1 posted by (C)と~じ

そんな地区にある10室ほどの小さな旅館

30 11 岩手 湯本温泉 一休館 2
30 11 岩手 湯本温泉 一休館 2 posted by (C)と~じ

昼下がりの気だるいような雰囲気を感じながら湯に浸かる。こういうシチュエーションが私は好きなんですよね。

30 11 岩手 湯本温泉 一休館 3
30 11 岩手 湯本温泉 一休館 3 posted by (C)と~じ

4~5人が浸かれば一杯になる小さな内湯のみ、床と湯船の底のタイルが美しいです。
芒硝系の匂いと味があり、サラサラした肌触りの熱め(実測:43.6℃、pH7.6)の湯が掛け流されていました。
時間が止まっているような空間で上質な湯に浸かっていると、本当に幸福な気分になってきます。

30 11 岩手 湯本温泉 一休館 4
30 11 岩手 湯本温泉 一休館 4 posted by (C)と~じ

湯本温泉には丑の湯という共同浴場もあるのですが、ちょっと湯疲れしてきましたのでパスすることに

30 11 岩手 湯本温泉 丑の湯
30 11 岩手 湯本温泉 丑の湯 posted by (C)と~じ

また、少し離れたところにある薬師温泉にも足を運んでみましたが、2軒ほどある旅館は全て休業されていました。

30 11 岩手 薬師温泉
30 11 岩手 薬師温泉 posted by (C)と~じ

あまり情報もなく心配していたのですが、温泉地そのものが失われてしまうのは残念なことですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへリンク

励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  平成30年11月下旬
2 料 金  400円
3 泉 質  ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
4 満足度  ★★★★

この記事へのコメント