宮城 鬼首温泉 旅館大新館

この日はまず鬼首温泉から始動
鬼首温泉は鳴子温泉郷の中では北に少し離れた山岳地帯に位置しており、温泉街もないことから鳴子温泉や東鳴子温泉と比べて来訪客が少なく、素朴な宿が多いように思われます。
その中で、今回は谷内六郎や中山晋平も宿泊したという大新館にお邪魔しました。

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 1
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 1 posted by (C)と~じ

早速内湯へ、二人でも着替えるのが窮屈と思われるような小さな脱衣場

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 2
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 2 posted by (C)と~じ

3~4人用の湯船が一つ、無色透明で匂いと味がほぼ感じられないあっさりした湯ですが、ややツルツルした肌触りがあります。
源泉は新良の湯と大新館源泉の混合のうえ掛け流されており、実測すると44.8℃、pHは7.7でした。
ジャグジーがあるため、ゆったりと浸かることができなかったのが残念でしたね。

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 3
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 3 posted by (C)と~じ

宿のHPでも紹介されていますが、鬼首で唯一男女別の露天風呂があるとのことですが、そちらにも浸かってみました。

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 4
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 4 posted by (C)と~じ

葦簀敷きの脱衣場に屋根はありますが、湯船方向が開放されており半屋外といった造り

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 5
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 5 posted by (C)と~じ

谷間にあるため展望はイマイチですが、10人が浸かれそうな湯船に浸かると開放感が感じられます。
新良の湯源泉が掛け流し、色や特徴は内湯とほとんど変わりませんが、実測41.6℃とこの時期には少し温いと感じる温度になっていました。

30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 6
30 11 宮城 鬼首温泉 旅館大新館 6 posted by (C)と~じ

帰りは、外国人の方が宿を発つのと同じになりました。
こういう素朴な宿には、日本人の客が少なくなってきており寂しく思っていますが、外国の人々にはその魅力が分かっているというのが皮肉なものですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへリンク

励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  平成30年11月下旬
2 料 金  500円
3 泉 質  内湯、露天ともに単純温泉
4 満足度  ★★★★
5 公式HP 鬼首温泉 大新館

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント