宮城 川渡温泉 板垣旅館

鳴子温泉から川渡温泉に移動しまして、温泉街の少し奥まったところにある板垣旅館に立ち寄りました。
立派な構えの門を抜けたところにあるこちらの建物は、以前使われていた旧館です。

30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 1
30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 1 posted by (C)と~じ

受付を済ませ、隣にあるこちらの新館に向かいます。

30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 2
30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 2 posted by (C)と~じ

ゆったりとした造りのロビーがあり、その脇に男女別の浴室がありました。

30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 3
30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 3 posted by (C)と~じ

脱衣場はこじんまりとしている簡素なもの

30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 4
30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 4 posted by (C)と~じ

3~4人用の内湯だけですが、黄緑色で透明、硫黄臭とうすい玉子味と塩味のあるややツルツルした肌触りの適温(実測:41.6℃、pH7.2)で白い糸くず状の湯の華花が舞う湯が静かに掛け流されていました。

川渡温泉というと、以前紹介した高東旅館のようにうぐいす色に濁った湯を思い浮かべますが、多くの旅館が独自源泉を持っておられるようで、こちらで利用されている神の湯源泉はちょっと違った感じで面白かったですね。

30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 5
30 11 宮城 川渡温泉 板垣旅館 5 posted by (C)と~じ

帰ってから知りましたが、こちらの旧館にも浴室があって、それがなかなか味のあるものだったようです。
浸かることができたかどうかはわかりませんが、残念でしたね。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへリンク

励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  平成30年11月下旬
2 料 金  500円
3 泉 質  含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉
4 満足度  ★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック