鹿児島 花牟礼温泉

志布志市の安楽温泉に振られた後は、大隅半島の温泉めぐりです。
まずは肝付町にある花牟礼温泉に
田園地帯のわかりにくいところにあり、少し迷いましたが何とか到着

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 1
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 1 posted by (C)と~じ

平屋建ての住宅の離れのような浴室棟

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 2
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 2 posted by (C)と~じ

右側の住宅のような建物は休憩室、テレビやガスコンロがありますがあまり使われていないようです。
以前はここで宿泊できたのかも知れません。

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 3
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 3 posted by (C)と~じ

休憩室のさらに奥の建物に管理人がお住まいですので、そちらで湯銭を払って浴室に向かいます。
営業時間は午前9時から午後6時まで、毎月1日と15日がお休みと、わかりやすい表示になっていました。

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 4
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 4 posted by (C)と~じ

中に入ると右側が女湯、左側が男湯になっており

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 5
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 5 posted by (C)と~じ

シンプルな脱衣場は共同湯然としたもの。
日帰り入浴施設とは思いますが、それではピンとこないのでカテゴリーは共同湯とさせていただきました。

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 6
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 6 posted by (C)と~じ

激シブの浴室の壁際に湯船があり、保温用の蓋がされていました。
分析表が見当たらなかったので詳細は不明ですが、冷鉱泉を沸かしているのでしょう。

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 7
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 7 posted by (C)と~じ

蓋を取ると湯船の周囲が腰掛けになっていて、意外に浸かれるところは狭く、2人用といったところでしょうか。
湯はうす茶褐色でうす濁り、ほぼ無味無臭で湯の華や泡付きはなく、ややキシキシした肌触りの激熱(実測:47.7℃、pH7.3)の湯が溜められていました。

31 3 鹿児島 花牟礼温泉 8
31 3 鹿児島 花牟礼温泉 8 posted by (C)と~じ

水を足すのがもったいないと思い、我慢して浸かりましたが、さすがに長湯はできませんでした。
それにしてもこのタイル、いい味出ていましたね。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへリンク

励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  平成31年3月下旬
2 料 金  300円
3 泉 質  不明(分析表見当たらず。)
4 満足度  ★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント