大分 大鶴温泉 夢想乃湯 2019.7

筌の口温泉の後は、玖珠町にある大鶴温泉夢想乃湯を再訪しました。温泉付き住宅地の一角にある手造り感いっぱいの共同湯のような日帰り入浴施設、この給湯タンクが目印になります。 中に入ると、昔の動物園にあったような回転式のゲートがありました。料金100円を投入するとゲートが回転する仕組みは、我々世代にはなじみのものですが、懐かしいですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

大分 筌の口温泉共同浴場 2019.7

久しぶりに立ち寄った筌の口(うけのくち)温泉の共同浴場 周囲の雰囲気も以前とほとんど変わっていません。 中に入ると下足棚の奥に小さな石造の祠があり、すぐ横が脱衣場になります。 先客が2人ほどいたのですが、すぐに上がられ貸し切り状態に天井の高い浴室は開放感があります。 最小限の洗い場スペースを周囲に残し、真ん中にドーンと大きな湯船…
コメント:2

続きを読むread more

大分 キャセイの湯 2019.7

少し間が開いてしまいましたが、蒸ノ湯温泉の後は盛岡や東京の近代建築を見て昨年6月の北東北の旅を終えました。 7月には九州の大分、熊本方面へ行きましたが、いつものように神戸から阪九フェリーを利用して北九州へ行き、そこから大分までJRで移動してレンタカーで温泉と近代建築を巡っていきます。JR九州の安いきっぷを調達したりする手間や時間もかか…
コメント:2

続きを読むread more

秋田 蒸ノ湯温泉 その2 【動画追加しました!】

蒸ノ湯温泉の続き・・・駐車場を挟んだ向かい側に野天風呂があります。 山肌のいたるところから噴気が上がり ボッケもある地獄となっていました。 右手側には目隠しがされた男女別の浴室があります。 10人ぐらいが浸かることができる木製の湯船には、緑褐色に濁った熊の湯源泉が掛け流されていました。実測41.6℃、pHは2.3でしたが分析表で…
コメント:0

続きを読むread more

秋田 蒸ノ湯温泉 その1

続いて大深温泉の近くにある蒸ノ湯温泉「源泉・秘湯の宿ふけの湯」へどこか牧歌的な雰囲気のする山小屋のような建物がいい感じです。 日本秘湯を守る会の会員宿 正面奥にはふけの湯神社と書かれた神棚があり、子宝や安産のご利益があるようです。 中廊下の両側に部屋がある大きな建物で その廊下の突き当りが浴室になっています。 まずは最奥の内湯…
コメント:0

続きを読むread more

秋田 大深温泉 【動画追加しました!】

八幡平の秋田県側に移動しまして、大深温泉に立ち寄りました。 湯治宿泊専門の宿ですが、外来入浴も受付けています。管理棟で受付を済ませて中に入ると、湯小屋が見えてきますが、 入浴する前に少し周辺を散策してみることにします。湯小屋の裏には源泉を冷ます給湯桝があり、こちらでも入浴できそうな感じですが、どうなんでしょうか。 そのすぐ奥に建物…
コメント:0

続きを読むread more

岩手 藤七温泉 彩雲荘

下北半島巡りを終えた後、翌朝には八戸の陸奥湊駅前にある朝市へ こちらでマグロ、イカ、ウニの朝食をいただきました。車の運転があるので酒は我慢しましたが、新鮮な魚が安くておいしかったですね。 この日は八戸から盛岡に移動し、そこからレンタカーで八幡平を目指します。まずは藤七温泉彩雲荘に これまで2回立ち寄ったのですが、人が多くスルーして…
コメント:2

続きを読むread more

青森 むつ矢立温泉

下北半島の湯めぐり、最後に紹介しますのがこちらのむつ矢立温泉です。 キャンプ場やレジャー施設を併設する宿泊もできる温泉施設で、入口付近には足湯もあります。 2槽に分かれ、手前が熱めの温度設定になっていますが、こんな充実した足湯を見たのは初めてでした。 中に入ると、演歌が流れておりB級感たっぷり 脱衣場はこじんまりとしており、庶民…
コメント:2

続きを読むread more

青森 石神温泉

下北半島の湯、続いては石神温泉です。 宿泊もできるドライブインのような施設で、館内には演歌が響き渡っています。 宴会場もあり、地元の皆さんの憩いの場になっているのでしょうね。 広くあっさりとした脱衣場。私好みのB級感たっぷりの施設でワクワクしてきます。 内湯には湯船が2つ、手前にあるのが8~10人用で激熱(実測:47.1℃、pH…
コメント:0

続きを読むread more

青森 大間温泉 養老センター

今回は宿泊して下北半島をゆっくり回りましたが、いい温泉にたくさん出会いましたので、たっぷりご紹介いたします。下風呂温泉の町並みを楽しんだ後、マグロ漁で有名な大間町にある大間温泉養老センターに立ち寄りました。 近くには海峡保養センターという立派な施設があるのですが、やはりこうした庶民的な施設に心が動かされますね。 開店してすぐに行った…
コメント:0

続きを読むread more

青森 下風呂温泉 ニュー下風呂

下風呂温泉では、大湯と新湯の2つ共同湯系の源泉はよく知られているのですが、実はもう一つ浜湯系の源泉もあります。その源泉を利用している宿のうち、日帰り入浴ができたのは、こちらのニュー下風呂 まるほん旅館で紹介していただき、お風呂を頂戴しました。 竹林をイメージした奥の装飾が、優雅な雰囲気を醸し出しています。 シンプルですが、スッキリ…
コメント:0

続きを読むread more

青森 下風呂温泉 まるほん旅館

ここからは、昨年6月に行った北東北の報告をさせていただきます。 青森県の下北半島にある下風呂温泉は、本州で一番北に位置する温泉街を形成する温泉地、大湯と新湯という2か所の共同湯があり、その源泉が各旅館に供給されています。 平成25年7月には日帰りで訪れ2つの共同湯に浸かったのですが、今回は名物のイカの刺身を楽しむため、まるほん旅館に…
コメント:0

続きを読むread more

群馬 霧積温泉 金湯館

歩いてしか行けない温泉、魅力のある表現ですね。人里離れた秘境というイメージが郷愁をあおるのでしょうか? 私も何か所か行ったことがありますが、群馬県にある霧積温泉もそれに近いと言えます。林道(一般車通行禁止)があって、宿泊客の送迎をしていますが、日帰り入浴客は歩いて行かないといけません。 駐車場に車を停め、そこから山の中に入り 山道…
コメント:2

続きを読むread more

長野、群馬の近代建築

今回の長野・群馬方面行きは、建物調査が中心になりました。大阪から夜行バスで長野市へ行き、早朝に善光寺にお参りするときに見かけた藤屋旅館の建物(1914年(大正3年)築、国登録有形文化財)現在は宿泊は受付けておらず、レストラン、結婚式場として営業されているそうです。 次は千曲市にある屋代小学校旧本館(1888年築)です。明治24年に建て…
コメント:2

続きを読むread more

長野 千古温泉 ~珍しいマンガンの湯の華~

昨年6月には、長野県と群馬県の温泉、建物巡りに行ってきました。 最近はJR東日本の大人の休日俱楽部パスを使って東北へ行くことが多いのですが、関西からだとそのパスを買ったり、利用したりするには長野や熱海方面まで行く必要があります。それで長野市周辺のめぼしい温泉地にはほとんど行ってしまっていることから、今回は温泉に浸かるよりも建物見学が中…
コメント:0

続きを読むread more

富山 堀田の湯&床鍋鉱泉

東北方面からの帰り、富山県氷見市に立ち寄りました。氷見市には、かなり前に紹介した神代温泉など、多くのいい温泉がありますが、今回はこれまで行ったことのないB級感あふれるところに行ってみました。まずは堀田の湯です。 幹線道路から少し入ったところにある日帰り入浴施設で 観光客とは無縁の常連さんのための共同湯的な施設 浴室には3~4人用の…
コメント:0

続きを読むread more

新潟 三川温泉 湯元館ほか

岩手県では、奥州市江刺の町並みと旧岩谷堂共立病院(1874年(明治7年)築)などの建物を見て、湯にも浸かり 宮城県に移動して、大和町の温泉や建物のほか、名取市にあるエラ・オー・パトリックホーム(1896年(明治29年)築)を拝見 福島県では、郡山の湯を味わい、伊達市にある旧亀岡家住宅(1904年(明治37年)築、重要文化財)や喜多方…
コメント:0

続きを読むread more

岩手 宮田温泉保養所

青森県八戸市で新しい令和の時代を迎え、三沢市などの温泉を巡った後、岩手県に移動して一戸町にある宮田温泉保養所に立ち寄りました。 「みやた」ではなく、「みやだ」と呼ぶのが東北らしいこちらの湯は、キツネが傷を治していたとの由来から「キツネの湯」と言われているそうです。 玄関にある「祝令和」と「商い中」の表示がいいですね。 中に入ると、…
コメント:0

続きを読むread more

青森 唐竹大湯 ~平成と共に役割を終えた共同湯~

全国の旅館や共同湯の廃業、閉鎖が続いていますが、新型コロナ感染症の影響によりさらに加速するのではないかと心配しています。県境を越える移動がようやく解禁されましたので、温泉めぐりを再開して、微力ながら応援をしていきたいと思っています。 本題に戻りまして、昨年4月末に青森県平川市の小さな住宅街にある共同湯、唐竹大湯に立ち寄りましたが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田 大葛温泉 町民浴場 ~150円で味わえる幸せ~

秋田県大館市の山間の地にある大葛温泉の共同湯、町民浴場に行ってきました。 こちらは、私が考えるはしご湯のルートからは少し離れており効率が悪かったことから、これまで行くことができていなかったところです。 今回は余裕を持った行程を組んだので、念願の共同湯に浸かることができました。 建物は共同湯としては立派なもの…
コメント:2

続きを読むread more