昨年1月に行った九州南部の湯

 随分、更新できていませんでしたが、久しぶりに投稿させていただきます。  昨年1月中旬には、九州南部方面の温泉・建物調査に行ってきました。 高所恐怖症のため飛行機が嫌いだった私ですが、新型コロナの感染拡大に伴い、夜行バスやフェリーよりも他の客と同一の空間で過ごす時間が短い飛行機を選択するようになりました。 すると、目的地との往来は楽で…
コメント:0

続きを読むread more

栃木 塩原温泉郷 塩の湯 明賀屋本館 2

明賀屋本館の続きです。こちらでは大浴場のほか、有名な川岸の露天風呂などの浴室があります。 まずは大浴場から 男性用は太古の湯と名付けられ 湯船は2つ、手前が4~5人用で、緑褐色濁り、金気臭、塩味のあるキシキシした肌触りがあります。(刈子の湯源泉、実測:42.4℃、pH:6.6)奥の浴槽は12~15人用の大きさで、無色透明、ほぼ無味…
コメント:0

続きを読むread more

栃木 塩原温泉郷 塩の湯 明賀屋本館 1

昨年11月下旬には北関東方面に行ってきました。緊急事態宣言が明けたとはいえ入浴できなかったところも多く、建物が中心となった今回の調査でしたが、そんな中で宿泊した塩原温泉郷塩の湯の明賀屋本館を紹介します。 塩原温泉郷のメインの通りである国道400号線から南に入り、鹿股川沿いに進んだ先にある老舗の旅館。これまでなかなか行くことができません…
コメント:0

続きを読むread more

北海道で訪れた建物と風景

今回の調査では、温泉もさることながら、多くの魅力的な建物と素晴らしい風景が強く印象に残りました。最初に行った夕張では、日本キリスト教会夕張教会牧師館などの建物とともに古い炭鉱の町並みに触れるとともに 名残を惜しむような紅葉を楽しみました。 そして、先にお伝えしていた屈斜路湖の和琴半島でも美しい紅葉が迎えてくれ その後は、多和平と …
コメント:0

続きを読むread more

北海道 芽登温泉

この日は、霧多布の宿を出発してから、標茶、釧路湿原、上士幌の温泉や建物を巡りました。下ドオソベツ温泉味幸園や幌加温泉湯元鹿の谷旅館などはレベルが高く魅力的でしたが、入浴客が多く写真撮影ができなかったため割愛させていただきます。また、オーロラファームビレッジが定休日で浸かれなかったのが残念でした。 ということで夕方にたどり着いたのが、足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道 養老牛温泉 からまつの湯

北海道には多くの野湯がありますが、中標津町の養老牛温泉にもからまつの湯と呼ばれる野湯があります。 一応、野湯の範疇に入るとは思いますが、目隠しの柵や脱衣場が整備されており、まるで共同湯のようです。 中を覗くと、シタバノボリ川沿いに石垣で囲われ、底に石が敷かれた湯溜まりがありました。よく紹介されているのはこちらの湯船、洗い場のように板…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道 和琴温泉 共同浴場

和琴温泉露天風呂の後、半島の奥にある共同浴場に向かいますが、紅葉の美しさに目を奪われます。 湖岸沿いを先に進んで行くと 吹き抜けるさわやかな風が、湯上りの火照った身体に心地いいですね。 湖と紅葉を眺めながら、人のいない道を歩いていると生き返ったような気分になってきます。 5分ほど歩くと湯小屋が見えてきました。 入口は建物を周っ…
コメント:0

続きを読むread more

北海道 和琴温泉 露天風呂

道東の屈斜路湖は日本最大のカルデラ湖ということもあり、湖周辺には多くの温泉が湧き出しています。野湯も多くあるのですが、その多くが失われており、もう少し早く来ていればと悔やまれます。 そんな中で、湖の南岸に突き出した和琴半島の付け根にある大きな露天風呂は健在でした。 キャンプサイトの近くにあるためか、野湯といってもかなり人の手が入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【再送】北海道 雌阿寒温泉 山の宿野中温泉

<お知らせ>なぜかブログ村に記事の更新が伝わらなくなってしまいました。      記事は重複しますが、再度アップします。 <前々回にアップした記事です。> 昨年11月には北海道方面の温泉・建物調査に行ってきました。飛行機嫌いの私ですが、年齢とともに長時間の移動が苦になり始め、神戸空港から新千歳空港までのスカイマーク便がリーズナブルに…
コメント:0

続きを読むread more

北海道 川湯温泉 ホテルパークウェイ

この日の宿は、川湯温泉駅の近くにあるホテルパークウェイ ホテルの駐車場から、硫黄山の火口が恐ろしく思えるほどよく見えました。 温泉街とは少し離れたところにありますが、こちらでも温泉に浸かることができます。 GO TOトラベルを利用できましたので、2食付きのプランでお願いしました。新型コロナの感染拡大につながったのではないかという話…
コメント:0

続きを読むread more

北海道 雌阿寒温泉 山の宿野中温泉

昨年11月には北海道方面の温泉・建物調査に行ってきました。飛行機嫌いの私ですが、年齢とともに長時間の移動が苦になり始め、神戸空港から新千歳空港までのスカイマーク便がリーズナブルに利用できるようになったことから、今後は飛行機を利用することにして、これまであまり行けていなかった北海道を攻めて行きたいと思います。 夕方便のため、千歳市内に宿…
コメント:0

続きを読むread more

R2 9 今回訪れた建物、町並み

しばらく間が空いてしまいましたが、元気です。さて、昨年9月に行った九州方面ですが、温泉の写真があまり撮れませんでしたので、建物、町並みを紹介して終わりたいと思います。 まずは太宰府天満宮、何度も九州に行っていますが今回が初めての訪問です。2回目の訪問となる柳川 前回改装中だった立花邸もキレイになっていました。 夕日の大川昇開橋、こ…
コメント:0

続きを読むread more

熊本 菊鹿温泉 菊翠苑

菊鹿温泉は、菊池温泉と山鹿温泉の間に位置し、数軒の宿がある静かな温泉地日帰り入浴も受け付けてくれているところがほとんどですが、今回はこれまで行っていない菊翠苑にお邪魔しました。小高い丘の上にある何かの施設のような建物ですが、宿泊もできるようです。 数室ある家族風呂の個室のうちの一つが飲泉所として解放されています。 中を覗いてみると、…
コメント:0

続きを読むread more

熊本 植木温泉 松の湯

昨年9月には、熊本県を中心に再び九州方面に行ってきました。 新型コロナの緊急事態宣言は解除され、GO TO キャンペーンも実施されているのですが、地元の反応は複雑だったようです。日帰り入浴施設は通常通り営業しているとことが多かったのですが、私が好きな共同湯的な施設では県内居住者以外お断りのところもあって、人々の心に深い影を落としている…
コメント:0

続きを読むread more

R2 7 今回訪れた九州北部の町並みと建物

今回の九州北部の調査は、行ったことがない温泉が離れたところに点在しているため、途中にある町並み、建物に多く立ち寄ることになりました。ということで、最後に今回訪れた町並み、建物を紹介させていただきます。 神戸からフェリーで新門司まで行き、そこからレンタカーで移動です。これまで行けていなかった唐津街道を通り、出光佐三の生家がある赤間宿↓の…
コメント:2

続きを読むread more

福岡 遠賀川温泉

福岡県遠賀町にある遠賀川温泉博多と小倉の間にあり、営業時間も13時からということもあって、効率的な周遊ルートから外れてしまうため、これまで来ることができていませんでしたが、脇田温泉と併せて今回初めて訪問させていただきました。 この時期ですから、体温測定など新型コロナ対策が厳重に実施されていました。先客がいたので脱衣場の写真は遠慮して、…
コメント:0

続きを読むread more

福岡 脇田温泉 喜楽荘

昨年7月には福岡、佐賀、長崎方面の温泉・建物調査に行ってきました。これまで行けていない魅力的なところも多かったのですが、入浴客が多いとか、撮影が禁止されていたりしたため紹介できるところは限られてしまいます。 そんな中から、帰る前に行った福岡県宮若市にある脇田温泉喜楽荘を紹介させていただきます。脇田温泉は奈良時代からの歴史を有し、北九州…
コメント:0

続きを読むread more

今回訪れた青森の建物、町並み

今回も青森県各地の建物、町並みを楽しませてもらいました。八戸では、濃いブルーの外観が際立つ永福寺消防屯所などのほか 城下町の表通りでは、山勝商店などの商家の建物にも触れることができました。 七戸町では、茅葺の曲家の一部が洋館仕立てとなっている森田牧場一号厩舎を興味深く拝見し 宿泊した大鰐温泉では、古くから温泉熱を利用して味噌、醤油…
コメント:2

続きを読むread more

青森 ロイヤル温泉旅館

斜陽館を見ようと思い五所川原市に移動しましたが、新型コロナの影響により休館になっていました。平成27年7月に来た時には、時間がなくて内部を見ていなかったため再訪したのですが、残念です。 仕方なく外観写真を撮るだけで諦め、市内にあるロイヤル温泉旅館へ こちらはサウナも併設した宿泊施設、入館料が1000円と表示されていたため平成27年7…
コメント:0

続きを読むread more

青森 大鰐温泉 民宿河鹿荘

大鰐温泉は12世紀末の開湯と伝わる歴史のある温泉地現在は町の中に溶け込まれ、温泉情緒はあまり感じられませんが、鄙びた温泉地が好きな方には堪らない魅力のあるところ。9か所あった共同湯は、残念ながら近年多くが廃止され寂しくなってきました。 これまで日帰りでは何度も来ているのですが、今回初めての宿泊をこちらの民宿河鹿荘にお願いすることになり…
コメント:0

続きを読むread more