秋田 貝の沢温泉 龍泉閣

少し間が空いてしまいましたね。
なかなか更新が追いつかなくて、紹介するのはもう1年以上前のことになってしまいました。

そのため、訪問した温泉を網羅する旅行記のような形を変えまして、これからは訪問した中で印象に残るものだけをアップすることにさせていただきます。
これまでは温泉や宿泊施設について、いいところも悪いところも、ありのままに紹介することが大事と思い記述してきましたが、以前のように毎日更新することが難しくなってきた現状を踏まえ、やむを得ず方針変換することしましたので、悪しからずご了承いただきますようお願い申し上げます。

本題に戻りまして、昨年のGWには自家用車で東北を一周してきました。
今年は新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために自宅で悶々としていましたが、昨年は家庭への迷惑も顧みず楽しんできた次第です。

兵庫県から自動車で東北方面に向かうには、北陸自動車道を利用するのが便利です。
途中、新潟から山形、秋田の日本海方面を攻め、青森から太平洋側を南下して福島まで行き、帰りは、往路と同じく新潟から北陸道で戻るというパターンでしたね。

ということで、新潟、山形の湯と建物を楽しみながら秋田県に入り、秋田市にある貝の沢温泉龍泉閣に立ち寄りました。

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 1.jpg

秋田市でも郊外に位置する静かなところで、入口には寺院のような山門があります。
進入路脇に垂れ流されている温泉の香ばしい香りを嗅ぐと、否が応でも期待が高まってきますね。

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 2.jpg

門をくぐったところにあるのが、こちらの和風の建物

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 3.jpg

その入母屋破風の玄関をみると、本当に寺に向かっているような気分になってきます。

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 4.jpg

中に入り、右手に向かったところに浴室がありますが、2016年11月にリニューアルされキレイになっていました。

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 5.jpg

脱衣場は広くてスッキリした感じ
ご覧のように多くの先客で賑わっていたので、25~30人ぐらいが浸かれそうな内湯の写真は撮ることができませんでした。

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 6.jpg

改装により6~7人用の露天風呂が新設されており、淡黄色透明、硫黄の混じりアブラ臭という複雑な匂いと塩味のある湯が掛け流されていました。
(成分表によると1kg中、臭化物イオン25.0mg、よう化物イオン8.8mgとのこと)

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 7.jpg

こちらの湯はヌルヌルした肌触りが特徴、同じ源泉を使っていると思いますが、内湯よりも露天の方がヌルツキが強かったですね。
成分表:源泉温度58.1℃、pH8.0
実 測:内 湯 42.0℃、pH8.0
    露天風呂44.6℃、pH7.5

31 GW 秋田 貝の沢温泉 龍泉閣 8.jpg

満足した後、帰りにはこちらのカエルが見送ってくれました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


温泉 ブログランキングへリンク

励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  平成31年4月下旬
2 料 金  500円
3 泉 質  ナトリウム-塩化物温泉
4 満足度  ★★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント