鹿児島 川内高城温泉 町並みと双葉屋

今回、最後に立ち寄ったのが、川内高城(せんだいたき)温泉です。
温泉情緒のある観光地化された温泉街もいいのですが、こちらのような昔風の素朴な町並みに、私は魅力を感じますね。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 町並み 1.jpg
近年の観光地としての開発を免れ、少し寂れかけてはいますが

20 1 鹿児島 川内高城温泉 町並み 2.jpg
昔の湯治場の雰囲気を残している温泉街は、全国でも数少なくなっており貴重です。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 町並み 3.jpg
こちらには何度も立ち寄っていますが、今回は共同湯の隣にある

20 1 鹿児島 川内高城温泉 町並み 4.jpg
双葉屋に、お邪魔することにしました。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 11.jpg
昔ながらの趣のある湯治宿の建物は

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 20.jpg
大正時代に建てられ、豪華さとは縁遠いもの。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 12.jpg
設備が充実した最近の温泉宿とは異なり不便な部分はありますが、湯を大事にする本来の湯治文化を継承しているのが素晴らしい。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 13.jpg
不揃いなタイル貼りの脱衣場に

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 14.jpg
コンクリート洗い出しの湯船の中や浴室の床もタイル貼りになっており、レトロ感満載です。
右側が5~6人用でやや熱め(実測:42.6℃、pH8.7)、左側が2~3人用でぬるめ(38.8℃)になっており、ともに無色透明でうすい硫黄臭と玉子味のあるツルツルした肌触りの湯が掛け流されていました。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 15.jpg
う~ん、いいですね。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 17.jpg
源泉温度が高めですので、獅子の湯口からの投入量は絞られています。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 16.jpg
腰壁にはピンクのタイルに風景画が描かれ、女湯との仕切りのガラスブロックが懐かしい。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 18.jpg
このレトロな空間で、湯船の縁から静かに湯が溢れ出すのを見ていると、本当に幸せな気分になってきます。

20 1 鹿児島 川内高城温泉 双葉屋旅館 19.jpg
いや~、極楽、極楽



励みになりますので、こちらのバナーを2つともポチッと押して応援をお願いいたします。

1 訪問日  令和2年1月中旬
2 料 金  250円
3 泉 質  単純硫黄温泉
4 満足度  ★★★★★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年12月14日 15:43
こんにちは!
渋い!!風情がありますね。
こういったところが近くにないので、行ってみたくなります!
と~じ
2020年12月16日 10:15
はるさん

近くにあれば、入り浸りになるかも知れませんね。